公開日:2016.7.7
最終更新日時:2017.10.8

「一家だんらん」に至るまで


私がなぜ一家だんらんを世の中にもっと増やすために活動しようと思ったのか。

 

お金持ちになることへの疑問

 

 

 

 

 

浅はかさの自覚

確かに、10年近く思い続けてきたはずなのに特に目的がなかったんです。

私にはお金持ちになる必要はなかったのか…?

 

どちらにせよ、これでは本当にお金持ちになれたとしても、

幸せにはなれないだろうと思ったのです。

 

 

…それにしてもお金持ちになろうとしてる旦那をすごい勢いで論破してしまう妻ってどうよ。

 

 

まぁそれは置いといて、

そこで初めて本気で考えました。なぜお金持ちになりたいと思っていたのか。

 

私が行きついた答えは

「家族と好きなことをしたいから」でした。

 

みんなでおいしいものを食べて、休みには旅行をして

あれやこれやを話して聞いて、お互いに認め合う

その環境を全力でつくりたい

 

 

 

何不自由なく家族で幸せに過ごすには、必死に働いてどんどん出世しないと叶わないと思っていましたが、

家族の時間を犠牲にしながら働いて稼ぐのでは、全く意味がない。
 

 

それなら、お金持ちになれるかどうかは一旦抜きにして、

はじめから家族の時間をたっぷりとれるように暮らすことこそが自分のやるべきことなんじゃないかと思ったのです。

 

「農業がしたい」という妻からの提案

 

食べることが好きで、じっとしていられない質の妻としては、確かに農業はこの上ない条件。

この提案を初めて持ちかけられた私は、

「ふーん。」

という程度の反応しかしていなかったと思います。

 
確かに、銀行員として一生働く気はなかった。
だけど、「農業はどうなの」と。

未来がないじゃないか。
今後は企業がいかに効率よくやるかという時代で、今更個人で農業をやる意味がどこにあるのかと。

そういう風に思っていました。
 
 

農業について調べ、真剣に考え始める

 

 

知識よりも知恵よりも学ばないといけないものがある

どれだけいい大学に行っても、大企業に就職しても、

そんなこともできないようじゃあへなちょこだ。

 

妻の提案によりそういうことに気付かされ、農業を皮切りに

暮らし方を見直すべきだという結論に至ったのです。

 

その象徴としてあげたのが、「一家だんらん」です。

 

 

一家だんらんを大切にする人を増やすために発信します

同じ考えを持っている人はきっとたくさんいる。

そういう人たちと繋がればきっと社会を動かす力になれる。

そんな時代がもう来ているはず。

そう信じて日々発信し続けております。
一家だんらん、よろしくお願いしたします。


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら