公開日:2016.9.30
最終更新日時:2016.12.2

銀行員ですが新聞とるのやめました

wp-1480585724180.jpg

私は新聞が嫌いです。

「社会人たるもの新聞を読んで当たり前」みたいな風潮が嫌い。なのでうちでは新聞を取るのをやめました。

銀行で働いているので日経新聞は必須ツールだったのですが、上司が変わって朝の新聞の読み合わせがなくなったのをきっかけについに取るのをやめてやりました。
 
 

新聞、毎日何割ぐらい読んでますか?

新聞って一紙どのぐらいの文字量か知ってますか?

朝刊でだいたい新書2冊分ほどだそうです。

全部読もうと思ったら1時間は余裕でかかります。まぁ全部読む人なんていないでしょうけど…

私も読んでも2割ぐらいでした。さすがに読まなさすぎだったかもしれませんが。「一面はとりあえず見とかないとなー」「読んどかないとつっこまれそうなとこはどこかなー」という具合に、読まないと仕方ないから読む、という読み方をしていました。妻が割りと熱心に読んでいたのでそこまで無駄にはなっていないかもしれませんが、やっぱり妻も全部を読むってことはありませんでした。

そもそも、全部は読まないという前提で買ってることがおかしい。どうしても読みたい記事があるんだ!!というなら別ですけどそういうわけでもない。

日経新聞はひと月4,000円です。もし新聞の半分しか読んでいないとしたら毎月2,000円を無駄にしているということです。毎月4,000円分の本を買ってその半分を読まずに捨てているということです。ぞっとしますね。

それに気付いたらもう新聞なんて取っていられません。何せ今は情報過多の時代。スマホやパソコンを持っているのなら、わざわざさらに何千円も払って読むかどうかもわからない情報を買う必要はないのです。

 
 

新聞は新聞を読んでる人と繋がるためのツール

銀行員が新聞を読まないといけないとされているのは、お客さんも新聞を読んでいるからです。お客さんが誰も読んでいなければ銀行員も読みません。つまり、新聞の情報がほしいのではなくてお客さんの読んでる情報がほしいのです。そのお客さんと繋がるために。

なので、繋がりたいと思わなければ新聞は要りません。そのためだけに毎月4,000円は高すぎる。

 
 

新聞呼んでハッピーになったことあるの?

そもそも、新聞を好きで取って熟読してる人っているんでしょうか。いてもきっとかなり少数じゃないかな…。新聞にかけてるお金でディナーをちょっと豪華にしたほうがよっぽどハッピーになれると思う。
 

こんな新聞ならハッピーになれるかな

散々新聞批判をした後ですが、地方新聞ってやつにはちょっと興味があります。自分の住んでいる地域だけの情報が集まってるというのは楽しそう。全部読んじゃうと思う。読んでいて「あー、あそこかー!今度行ってみよ!」とか知ってる場所や人が取り上げられている新聞がいいですね。 

ほんとにすごい人は日経新聞をそういう感覚で読んでるのかな…。そうだとしたらすげぇ。

移住したら地方新聞ぜひ取ってみよう。

まもる
1990年生まれ。「家族のためなら仕事だって住む場所だって変えてやる!」という理念のもと夫婦で活動中。2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住予定。 
詳しいプロフィールはこちら