公開日:2016.10.19
最終更新日時:2016.10.19

発信する人ばっかりでうんざりしてきた。そういう私も発信者の一人だけども。


発信することのハードルがこれだけ下がると、もちろん発信する人がどんどん増えてくる。Twitterなんか見てると、発信者があふれています。

「20代で会社を辞めてフリーランス!」

「世界中を旅しながらブログを書いて生活してます!」

「副業でがっつり稼いでます!」

なんかそんなのばっかり最近うんざりしてきました。そう思ってる人は少なくないはず。

そうは言いながらも私自身その類になりかけているなということにも気付いている。これはなんとかしないといけない。
 
 

胡散臭い人ばっかりだ

発信者に共通することは

「昔の自分みたいに苦しんでいる人に、うまくいってる自分を見てほしい」

ということだと思います。

それ自体決して悪いことではない。辛い状況から脱して、自分らしく生きている姿がたくさん見られるなんてすばらしいじゃないですか。

でも、なんか違う。何が違うんだろう。

はっきり言って、みんな同じようなのばっかりで胡散臭いからだと思うんです。

なんで胡散臭いんだろう。

あった事がないからです。どんな背格好でどこに住んでいて、どんな声でどんな話し方をしてどんな性格の人なのか知らないからです。その上「稼ぐ方法教えます!」とか言い出すもんだから最悪。

もし知ってる人が発信してるなら、「あー、あいつが言うなら確かだな」「あいつそんなこと考えてるんだ」という具合に興味を持って見られると思うんです。
 
 

つまり、会えば解決する

人と人、出会ってこそ。会ってしまえば背格好も声も性格もわかります。もうそこに胡散臭さはない。その人自体がそもそも胡散臭いという場合は除いて。

だから私は会うことを大事にしたいです。でも、同じように会うことを大事にして実際にたくさんの人と会っている人も結構いるんです。ちゃんとその様子も発信されていたりもします。それでもなんか違う。やっぱり胡散臭い。

なんでなんだろう。
 
 
 

発信者同士でワイワイやってる感

これじゃないでしょうか。結局、比較的影響力のある発信者がまだ影響力の小さい発信者と集まって身内で催しているような印象を受けてしまうのです。発信者がより影響力をつけることを求めているだけじゃないかと。
 

「発信者じゃない人」のために

発信してる人はもう発信するパワーも術を持っているから放っておいてもいいじゃないかと思うんです。
この一家だんらんで本当にやりたいのは全く発信なんてしていなかった人に発信する機会を提供することなんです。

なので、まずある程度発信力のある存在にならなければいけない。そして、「発信する機会もないし、周りの友だちにもなかなか理解してもらえないけどこんなことを広く伝えたい、知ってほしい!」という人のためにその発信力を活かしたい。
 
 

結局は発信者同士でワイワイも大事です

発信力をつけるには発信力のある人に教わるのが一番です。モチベーションも上がります。そして何より会いやすい。
ただ、ワイワイやって何かやり遂げた気になってしまうようなことはないように気を付けたいですね。多くの人に発信することは必要ですがそれはゴールではありません。

ワイワイしている人たちをどことなく羨ましく感じつつ、今日も一家だんらんしております。


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら