公開日:2016.11.17
最終更新日時:2016.11.17

私が早く結婚した(できた)理由


結婚平均年齢が30歳を超える中、妻と私が結婚したのは23歳。社会人2年目で、周りから「まだ早いんじゃないの?」と言われながらの結婚でした。

婚活なるものが盛んになる一方で、自然に出会って早く結婚できた理由を考えてみました。
 

結婚は高校生ぐらいから意識していた

もともと親から「結婚は早い方がいい」と言われて育ってきたこともあり、かなり早い段階から「結婚したい」「家庭を持ちたい」と思い始めていました。
 

人よりそのことについて考える時間が長いとうまくいく

これは経験則ですが、真理に近いと思っています。友だちが特に将来のことなんて考えずに遊んだり勉強したりしている(それが普通)間も、「こういう人を見付けてこんな夫婦になりたいな」「しっかり稼いで尊敬される夫になりたいな」などといつも考えていました。

アンテナを張っておく、というのでしょうか。出会ったときにすぐ実現できるように常日頃から考えていたからこそ、「婚活」なんて意識せずにこうして結婚できたのだと思います。
 

話し始めたら止まらないレベルまで考える

アンテナを貼ると言っても、「30までには結婚したいと思ってるよ」ぐらいのものでは全然足りなくて、「いつでもいい人に出会えたら結婚できるように理想の人、家、場所、仕事について常々考えている」というぐらい真剣に考えている必要があるのではないかと思います。

必要があるというか、本当に望んでいるのであれば自然とそうなるだろうし、そこまで考えられないのであれば自分はまだそんなに望んでいないことなんだと解釈するのが自然ですね。
 

理想を叶えたいとき全てにおいて言えること

何かを成し遂げたいとき、人よりその物事について長い時間考える、行動するというのはもちろん結婚以外のことにも当てはまるでしょう。

○○がほしい

○○に会いたい

お金持ちになりたい

海外に住みたい

ビジネスで成功したい

平和に暮らしたい

どんな夢、理想でも人よりも考えて動いていれば勝手に人よりそれに近付きます。その結果、うまくいきやすい。当たり前といえば当たり前のことです。

途中で飽きてしまったり、諦めてしまうことを根性がないだとか飽きっぽいだとか、まるでその人の人間性を否定するように言われることも少なくないですが、

それは結果的にそこまで求めているものではなかっただけであって、批判されたり後悔したりする必要はないし、むしろ次へ進むためのステップを踏んだと前向きに捉えるべきだと思います。
 
 

あなたにとっての一番の関心ごとは?

常に意識していること、人よりも考えていること。改めてそこに意識を向けてみると、自分が求めていることについて何か気付きがあるかもしれません。

特に無いな。という人は、現状に満足しているということでしょう。ぜひその幸せな現状を感じてください。


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら