公開日:2016.11.28
最終更新日時:2017.1.30

ムダのないシンプルかつ良質なキッチンをつくる

wp-1480336891889.jpg

空き家を改築するにあたって、キッチンはこだわりたい部分。

今の段階で考えている「こうしたい!」をまとめておきます。
 
 

システムキッチンは嫌!

システムキッチンは確かに楽でキレイで収納たっぷり。

しかし高い!

丸投げコストはなるべく抑えたい。

あと収納があり過ぎる。下が空いてる方が通気性もいいし、衛生的だと思うんです。 
 

キッチン下をフリーにする

極端に言えば長机のようなキッチンでいい。

そしてある程度の引き出しがあれば十分。空いているところはそのままにするか、ゴミ箱を置きたい。キッチンで出たゴミをその場から動かずにすぐ捨てられるってすごく便利だと思います。
 
 

ワークトップはステンレス

キッチンの天板のことをワークトップと呼ぶらしい。

ワークトップは木や大理石も人気のようですが、妻の要望により使い慣れたステンレスに。

水回りに木は耐久性に問題がありそう、大理石は重そう、という理由で。やっぱり家に負担が少ないものを選びたい!
 
 

キッチンの前は窓!

これも妻のこだわり。外の光を感じながら料理をしたいとのこと。確かに、壁に向かって電気の光で料理するのってなんか寂しい。

田舎の開放感を味わえるキッチンにしよう。
 
 

作業スペースと蛇口はふたつ

並んで料理ができるように。広い家だからこそできる贅沢な長さにします。

蛇口は料理用と洗い物用に。洗い物用は強力シャワーのついた水栓にしてちゃっちゃと洗い物ができるようにしたい!
 
 

今日のまとめ的な

最終的には妻の希望を最優先すれば全てうまくいく。

まもる
1990年生まれ。「家族のためなら仕事だって住む場所だって変えてやる!」という理念のもと夫婦で活動中。2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住予定。 
詳しいプロフィールはこちら