公開日:2017.2.8
最終更新日時:2017.2.8

「さとやま未来博2017」いま、広島の田舎がおもしろい!


なんだか、とっても面白そうなことが広島で始まろうとしています。

「ひろしま さとやま未来博2017」

2017年3月、偶然にも私たちの移住と同時に始まるのです!
 
 

さとやま未来博コンセプト

 
「これからのニッポンの見本になる」

私たちは、都市部の生活において、とかく経済成長や、人との競争を優先しがちな時代を経てきました。

でも、目まぐるしさと隣り合わせの“豊かさ”をそろそろ見つめ直し、別の角度から、自分にとってほんとうの豊かさとは何か、を考えてみる時期なのかもしれません。

平成29(2017)年3月、ひろしまの里山からはじまる、わくわくする未来のつくりかた。

ここから、お手本にしたいニッポンの未来の姿が見えてきます。

「ひろしま さとやま未来博2017」は、これからの社会をおもしろくしていくエキシビジョンです。

 

お、おもしろそう…!
移住希望者としてはドンピシャのイベントです。
 
 

プロジェクト

廃校リノベーション

里山に点在する、役割を終えた建物たち。建築家・隈研吾さん監修のもと、地元の人と県内外の人が一緒にリノベーション計画を立て、地域再生の拠点をつくっていきます。クラウドファンディングへの参加や、みんなでDIY を楽しむ機会も!

出ました、クラウドファンディング。

規模的にも大きそうでわくわくします!

私たちの移住先の安芸高田市でももうすぐ廃校になってしまう学校があるようなので、ぜひこのプロジェクトは参考にしたいですね!
 
 

さとやまソーシャルライド

里山の新しい魅力を掘り起こし、約300か所のチェックポイントを中山間地域全域に設置。地元の人と交流できるスポットでは、新しい出会いもたくさん!専用アプリで楽しむ、新感覚のソーシャル・サイクリングです。

お!自転車!いいですねー。

やっぱり田舎には車じゃなくて自転車です。

自転車だから感じられること、立ち寄れるところ、見つけられる魅力がまだまだあるはず。

なまった体を目覚めさせる素晴らしいプロジェクトです!

この他にも、

マラソン、展示会、食事会など、地域の魅力を発信するプロジェクトが盛りだくさんです。
 
 

ココロザシ応援プロジェクト

そしてもうひとつ、特筆すべきプロジェクトが。

ココロザシ応援プロジェクトとは?

ココロザシ応援プロジェクトとは、地域づくりに向けた若い世代の意欲的なチャレンジや、地域づくり活動を支援する地域内外の人材の交流などを目的とした、地域づくりのための実践活動を支援するプロジェクトです。

地域づくりに関する企画を募集して、個別相談やワークショップを通じてそれらの企画実現を応援してくれるようです。

希望者には補助金による支援も。

力入れてますね!
 
 

地方はどんどんおもしろくなりますよ!

かつてあった「地方=周辺」「東京=中央」の図式は、いま大きく変わってきています。

実はほんとうに最先端でわくわくすることは、日本の地方から始まっていて、地域に関わることのおもしろさを一番感じているのは東京などの首都圏に暮らす若い人たちかもしれません。

広島県、もともと縁もゆかりもない土地ですが、せっかく移住するんだから私たちも安芸高田市で、そのおもしろさ、わくわくをどんどん発信していきたい!

さとやま未来博、注目です。

ひろしま さとやま未来博2017HP


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら