公開日:2017.4.16
最終更新日時:2017.4.20

見積りをもとに、空き家改築の予算を再検討!


プロにより減築、われわれ素人により庭掃除がどんどん進んでおります!

 
さて、肝心の予算についてですが、再検討の必要がありそうなので過去記事をふまえて改めて書きます。

ちなみに予算は500万円で考えています。

 
 

減築

屋根おろし 21万で済

建物解体 46万円(見積り済)

計 67万円(前回より14万円削減)
 
 

減築後の壁・屋根再築

足場などの仮設工事 10万円

材料費 89万円

屋根工事 39万円

塗装工事 19万円

諸経費 23万円

計 180万円(見積り済)

素人としては諸経費がすごく気になる。
 
 

水回り

洗面 10万円

トイレ 30万円

風呂 90万円

キッチン 50万円

計 180万円(前回より20万円削減)
 
 

電気・ガス・上下水道

引き込み工事 40万円
 
 

補強工事

基礎改修など 100万円

このあたりが検討もつきません…。

現在は、土の上に土台となる石が置いてあり、その上に柱が建っている「石場建て」という基礎です。

湿気対策を考えると、できればコンクリートにしてしまいたい。
 
 

ごみ・がれき処理

5万円(前回より15万円削減)

鉄くず回収屋さんと、

自分で持ち込めば格安でごみ処理を依頼できる「きれいセンター」なる施設があることを知り、大幅削減が可能になりました!
 
 

各部位造作

床、天井
断熱
玄関
階段
ドア、窓

などなど…

計 130万円

ここは前回のまま。
金額に根拠なし。

 
 

合計

702万円

 
 

補助金

50万円
 
 

差し引き

652万円!

 
…あっれー?

なんかすごく増えました。

こうやって予算は無意味なものになっていくのですね…
オリンピックを笑えない。

 
いや!まだ諦めない!
水回りをもっと頑張って抑えたい。

なんか最終的に「ドアはもういらない!」とかなりそう。
わが家の予算との戦いは続く…


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら