公開日:2017.6.6
最終更新日時:2017.6.6

曜日感覚をなくせ!休むのは土日じゃない。毎日のアフターファイブだ。


曜日感覚がなくなりつつある

今働いている農業生産法人は、定休日が日曜日で、あとは不定です。

なので、日曜日になったら「おぉ、もう日曜日か。」というぐらいのことで、あまり気分の浮き沈みがありません。

 
 

曜日に縛られてない?

曜日ってのは、人が勝手に決めて生活してるだけのことで、それに従うことが精神的・肉体的に良いなんてことはありません。

だけど、会社がそうするので自分も月~金働いて、土日に休む。

 
「やったー!金曜日!!」

「5日間も働いて、休みは2日だけか…」

「はぁ…もう日曜終わっちゃうよ…」

 
なんていう一喜一憂をほとんどの人は毎週毎週繰り返しているわけです。

 
でも、それってムダじゃない?

 
 

毎日休め!

本来、休むのは7分の2の土日じゃなくて、毎日のアフターファイブであるべきなんです。

月~金にバカみたいに長時間働いて、変に土日休んだりするからまた復帰するのに体力的と精神力を消耗しないといけなくなる。

毎日ぱぱっと明るいうちに働いて、さっさと帰って夜は思う存分だらだら過ごせばいいじゃないですか。

ということに、農業生産法人に入って気が付きました。

毎日休んでる上に日曜日もあってラッキー♪ってな具合です。

 
 

「週末にやろう。」じゃなくて「今日やっとこう」と言える

平日は用事が何もできない人が多すぎます。

自分のためのことが毎週末にしか進まない。
それも、いざ週末になるとやる気がでなくて、結局何もできないこともしばしば。

そんな調子で気付けばもうどうしようもない年齢に…。

そうなる前に、毎日自分のための時間をしっかりとれる仕事をしましょうよ。
 
 

お金は後でいくらでも稼げるけど時間は戻ってこないぜ?

好きでもない会社にもらった、わずかな時間とお金で何がしたいんだ?

と思うわけです。

自分のための時間をたっぷりとれる仕事をして、休むなら休む、稼ぐなら稼ぐで好きなように過ごす。

というやり方を熱心にしたほうがこれからは絶対強い。
 
ちなみに、平日の昼ですが家でごろごろしながら更新してます。

ゆっくり休んだら草刈りでもしてきます。


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら