公開日:2017.6.18
最終更新日時:2017.6.18

地下水きたぁぁ!とうとう給水口を発見!


地下水に関するあらすじは過去記事で

 
自転車でひげじいの家の前を通りかかったとき、

「思い出したんじゃ!!」

と、いきなり呼び止められる。

いや、呼び止められたのかは定かではないが、とりあえず止まってみる。

「パイプの出とる場所、思い出したんじゃ!!」

ほう。三度目の正直ってやつだな?

聞いてやるとしよう。

 

ひげじいの最新情報によると、地下へつながるパイプ口は、既に発見済みの、家の中につながるパイプ口の横にあったそうな。

 
「絶対に出るよ!(ニコッ)」

そんな満面の笑みで言われると、全く検討違いの場所を掘らされていたことも忘れて

「おう!頑張って掘るぜ!」

なんて答えてしまう。

ひげじいは善意で教えてくれて、私は好きで掘ってるだけだからな。感謝しないと。

その日は作業できなかったので翌日掘ることに。

 
 

いざ!地下水を求めて!

横、と言っても向きも距離もわからない。

とりあえず、周りを掘ってみる。

作業し始めたとたん、ひげじい登場。

そして

「ここらにおるはずじゃ!」

と言って、持っていたクワで堀はじめるひげじい。

80過ぎとは思えないパワーとスピード。

これが田舎の暮らしの力か…!

 
 

するとまもなく…

私もクワを持って参戦。

ひげじいはノコギリまで持ってきて、邪魔な木の根を切ってくれました。

 
そして…

 
茶色の土の中に、パイプの艶やかな表面が…!

 
 
 
じゃじゃん!!!

場所はというと…今まで掘ってきたところの写真にも入っていないところ。

この写真のもっと手前。

まぁ結果よければすべてよし!

なにがともあれ、ひげじいありがとう!

 
「今の時期は、冷たーい水が出よるよ!


飲むんなら、保健所持っていきゃあいい。」

と、うれしそうに言い残して、畑仕事に戻っていきました。

 
 

あとはポンプを買うだけだ!

肝心のポンプ、けっこう値が張るんですが、パイプを目の前にして使わないわけにはいかんでしょう!

またポンプ屋さんに相談しよ。


まもる

まもる

1990年生まれ。一家だんらんの時間を最優先した暮らしを求めて夫婦で活動中。
2017年2月に会社を退職し、夫婦で広島へ移住しました。
 農業&空き家改修やってます。
詳しいプロフィールはこちら