公開日:2017.7.2
最終更新日時:2017.7.2

農業未経験者が水捌け最悪の農地を6反購入するまで


新規就農者が農地を手に入れるのは難しい

農地を手に入れるのに手こずっております。

 

 
要するに、

「5反(5,000㎡)以上買え」

「草刈りをおこたるな」

「営農計画(作物・使用機器・販売先・売上)を立てろ」

「できないなら農地はあげない」

というのが現在の農業委員会の方針なのです。

ホントに新規就農を促そうとしているのか?

 
 

それでも農地をあきらめない

これで諦めちゃあおもしろくない。

さっそく近所の人に相談してみたところ、少し希望の光が見えてきた!

 

協力者を集めて、共同管理にする

「二人では6反なんていう広い農地を管理できるわけがない」

というのが農業委員会(というか周りの方々)の認識なので、こちらとしては、人数を増やすしかない。

近所で農機具を持っている人に声をかけて、農機具を貸してくれないか、一緒に管理してもらえないか、頼んでみる。

 

水捌け最悪なのが問題

もとが田んぼだったため、基本的には湿原状態。

今までこの農地が売れなかったのはそれが理由。

これをどうにかしないと、協力者も集まらないでしょう。

 

なのでまず、土壌改善を自分たちの手で試みる。

機械を借りてきて、水がうまく抜けるように溝をつくったり、ある程度大規模に。

そして今の湿原状態が改善してきたところで、「うちの畑使いません?」という具合で、管理しきれない部分を使ってもらうというやり方でいこう。

 

1反単位で買えるようになるという話も?

もうすぐ決定する?らしい。

それを待ってから、売り主に1反だけ買わしてくれないかお願いするという手もなくはない。

 
 

でもやっぱり希望は6反!

たくさん持ってたら、その分いろいろできるし、次の移住者に貸してあげることもできる。

税金も大したことないし、ソーラーパネルを建たせないためにも6反手に入れたいところ。

この夏が終わるまでにけりをつける!



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中