公開日:2017.7.12
最終更新日時:2017.7.12

「田舎暮らし」はこんなに変わった。あなたの知っている田舎暮らしはもう古い。


田舎暮らし。

老後にのんびりと畑でもやりながら年金で暮らす…

未だにそんなイメージが世の中にはあるようですが、それ、遅れてますよ?

 
 

今の田舎暮らしはここが違う

 

情報共有の量

「昔の人はこうしてたんだよ。」

という古い情報のみで、生活をよりよくしようとしていたのがこれまでの田舎暮らし。

しかし今はネット社会。

世界中にアクセスして、より正しい情報、適した情報を共有することができます。

それによって、今まで苦労していたことが簡単に解決するなんてことも往々にしてあるのです。

 
 

豊富なサービス

「この町にはこのお店しかないんだよ。」

というのがこれまでの田舎暮らし。

完全なる市場独占。
サービスも金額も変動なし。

こんな状況では、都会の方が住みやすいというのもうなずける。

 
それが今では、町の電気屋さんでも世界中のお店がライバル。

私たちは、一番サービスが良いところを簡単に選ぶことができます。

 
 

高い収入

言葉に少し語弊がありますが、田舎では相対的に収入が高くなる傾向にあります。

なぜなら、田舎で仕事をしてるからと言ってお客さんも田舎に住んでいるわけではないからです。

お客さんが東京なら価格だって東京価格。

でも、住んでいるところの物価は田舎価格。

土地なんかほんと破格です。

収入の額面は減っても自由なお金は結構あったりするのが今の田舎暮らし。

 
 

目立つ

ここが一番大きいかもしれない。

今は、田舎暮らしすると目立ちます。
特に若いと。

「都会がこんなに便利で楽しいのに、なんで田舎になんか行くの?」

という人たちが多いおかげで、田舎に引っ越すだけで目立って、いろんなチャンスが舞い込んできます。

 
 

若者こそ田舎暮らしを

柔軟な発想を持ち、ネットを使いこなし、バリバリ動ける若者こそ、田舎で豊かな暮らしをできるはず。

田舎の自然は昔も今も変わりません。

 
若者よ。いざ、田舎へ。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中