公開日:2017.9.8
最終更新日時:2017.9.8

戦争が起きたら戦いに行く?私は行かないけどみんなはきっと行くだろうね


戦時中。

そこに行くことが当たり前の世界だから、死んでしまうかもしれないことは怖いけれど、戦場に向かう。

 
現代の私たちからすると、

いくら行けと言われたって、国のために命を奪われるなんてまっぴらごめん。

なんでみんな従ったの?

私なら絶対行かない。

と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、当時の人たちにとっては

戦場に向かうことは誇らしいこと。

みんなで称え、送り出すもの。

 
そういう風に子どもの頃から教えられてきて、そう信じているので、それを拒むなんていう選択肢はない。

もし拒んだりしたら周りからどんな顔をされるか…。

 
 
確かに当時はそういう状況だったかもしれませんが、

やはり若い命を捧げる価値のあることだとは思えません。

 
そのときどう思われようが、生きてさえいればいくらでもやりようがありますが、命がなければそこで終わりです。

 

戦場から生きて帰ってきた人だって今聞いたらきっと、

「生きていてよかった」

「本当は行きたくなかった」

と答えるでしょう。

 
 

現代は、「経済戦争中」だ

戦時中。

そこ(会社)に行くことが当たり前の世界だから、

死んでしまうかもしれない(精神的に、まれに肉体的に…)ことは怖いけれど、

戦場(好きでもない職場)に向かう。

 
私たちからすると、

いくら行けと言われたって、国のために命(会社のために心や時間)を奪われるなんてまっぴらごめん。

なんでみんな従うの?

私なら絶対行かない。

と思ってしまいます。

 

しかし、多くの“常識ある”人たちにとっては

戦場(会社、特に一流企業)に向かうことは誇らしいこと。

みんなで称え、送り出すもの。

 

そういう風に子どもの頃から教えられてきて、そう信じているので、それを拒むなんていう選択肢はない。

もし拒んだりしたら周りからどんな顔をされるか…。

 
確かにそういう状況かもしれませんが、

やはり若い命(心や時間)を捧げる価値のあることだとは思えません。

(好きでもない職場・仕事なのであれば、ですが)

 
そのときどう思われようが、生きてさえいれば(心や時間がありさえすれば)いくらでもやりようがありますが、命(心や時間)がなくなればそこで終わりです。

 
 

ね?そんなに変わらないと思いませんか?

 
 

その戦争、間違ってますよ

たくさんの命を犠牲にしてでも、戦争で外国に勝てば幸せなのか。

たくさんの心や時間を犠牲にしてでも、経済戦争で、GDPで、外国に勝てば幸せなのか。

 
 
いやー、ちゃんちゃらおかしい。

本当の戦争では徴兵が法律で定められていたので、そう簡単に逃れられなかったのかもしれませんが、

現代の経済戦争ではそんなことはありません。

 
「そんなことで戦って、バカじゃないの?」

と発言したって、明日仕事を辞めたって、何の罰もありません。

 
 
早めに気付いて、

「あんな戦争に行かなくてよかった」

と言えたほうがいいじゃないですか。

 

暴論かもしれないけれど、そのぐらいおかしな世の中だなぁと思っておる次第です。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中