公開日:2017.9.23
最終更新日時:2017.10.16

目指すは「稼ぐ」男より「施す(ほどこす)」男


ほどこ・す【施す】

思いやりの気持ちで、人が困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。

 
 
みなさん、施してますか?
 
 

稼ぐことの先にあるもの

稼ぐ男って、確かにかっこいい。

けれど、「稼ぐだけ」の男はかっこわるい。

稼いだ金で何をしたかが大切。

 
稼いだ金で誰に何を施したか。

家族を旅行に連れていく

仲間にご飯をおごる

寄付をする

会社を起こす

など…

 
私たちを豊かにしてくれるのは、

月収○○万円

ではない。

けれど、巷にはそういった誘い文句とそれにつられる人が多すぎる。
 
 

稼ぐ男が増えても世の中は豊かにならない

これまでの日本を見れば明らか。

稼ぐ男が増えたって、その幸せは長続きしない。
 
 

施すことで広がる豊かさの連鎖

「施す」という行為は、お金がなくたって頭を使えば誰にでもできる。

もちろん、稼げる男はそのお金でぜひ存分に施していただきたい。

稼げない男にはできない施し方ができるからこそ、稼ぐ男はかっこいいのだ。

 
施しを受ければ、恩が生まれる。

「世の中にはいい人がいるもんだな」

という気持ちになって、自分も人に施してみる。

するとそこにも恩が生まれて…

 
施せる余裕のある人が世の中をもっと豊かにする。

本当に目指すべきなのはそこだ。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中