公開日:2017.12.23
最終更新日時:2017.12.23

規格外の野菜も“人間も”「売れる」時代へ


「規格外は売れない。」

私が仕事で収穫しているネギも、規格より短いものは捨てられる。
 

短いものだけじゃない。

長くなりすぎたものも捨てられる。

売るときに袋に入らないから。

なんとバカらしい。
 

勝手に規格を決めて、それ以外のものを捨てる。
 

ネギとしては

「おいおい、もうちょっと待ってくれたら伸びるから。」

「いやいや、あんたがこの長さまで育てたんじゃないか。」

「俺だっていい味してるぜ?」

ってなもんだ。

 

捨てるほうが最終的なコストは安いんだろう。

それのほうが「理にかなっている」社会なんだから仕方ない。
 
 

人間だって同じだ。

学校や会社という規格から外れたものは、社会の袋に入らない。

そういう社会。

 
 

だと思われていた。今までは。
 
 

規格外は「売れる」!

確実に社会が変わってきている。

規格外のネギをどうやって活かそうか、話し合われている。

「ワケアリ野菜」たちが市場を賑わしている。

 

学校や会社のあり方へ疑問を持って、袋から抜け出して活躍する人が増えてきている。

 

理にかなっていた選択肢が、変わる。

規格外こそが売れる時代になっていく。
 

声を大にして言えばいい。

「俺だっていい味出してるぜ?」

と。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中