公開日:2018.3.29
最終更新日時:2018.3.29

大引き・根太が来たり柱をやり替えたり


どどーん。

とうとう来ました。大引き根太が。

そしてが。

来たからにはやるっきゃない!
 
 

痛んだ柱をやり替える

こいつ。

下半分を根継ぎしようと思ってこんな状態にしていたのですが、

大工さんの「丸々やり替えたほうが簡単じゃろ。」というひとことで即予定変更し、丸々やり替えることに。

同じように丸々やり替える柱がもう一本。

ただのつっぱり棒なら簡単なのですが、地味に組んだりしないといけないのでちょっと難しそう。

ノミをひげじいに借りてきたので頑張る。

もともと柱は、木がそのまま地面について立っていたので腐りやすかったみたい。

やり替える際にはこのコンクリートブロックを土台にします。

気を付けてやらんと家がつぶれるな…。

 
 

大引きを施工

大引きを施工、と言っても

コンクリートブロックを水平に置き

大引きを切断し

束を大引きに固定し

束をブロックに固定してやっと形になります。
 

一工程ごとに未経験なので探り探りの作業です。

大工さんに聞きまくって頑張るぜぃ!

 
 

あとは外壁の下地を組むという大仕事も。

…そろそろヘルプを出さないとな。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中