公開日:2018.3.31
最終更新日時:2018.3.31

うちの里山開発がおもしろい!【キャンプ場?テーマパーク?】


本日は、地域の里山を管理しているメンバーでお花見!

…と思っていたのですが、集合場所が山のふもと。

そしてキャタピラのついた運搬車に荷物と人を乗せて準備完了。

なんだか私の知っているお花見とは違う様子…。

この運搬車でどんどん山を登る。

登る。

登る。

難所を乗り越えながら…

ひたすら登る。

そして到着。

 
目的の場所はここ。

 

なんと、ここまでの道と、この休憩所(四阿(あずまや)と呼びます)は、この里山チームで数年かけて創り上げたものなんだそうです。
 

仕事じゃないんですよ?

地域の山を活用しようという想いで人が集まり、業者に頼めば何億とかかるような工事をこうしてやり遂げたのです。
 

なんというパワー…!!

田舎のオヤジたちはやっぱりすごい。

 
 

町を一望できて最高に気持ちがいいんです!
早朝に来ると雲海も見れるんだとか!

 

山はまだまだ開発途中で、

キャンプができるようにするか

花見スポットにするか(道中に桜の苗木が植えられている!)

古墳を活用するか(中にも入れる!)

アトラクションをつくるか

開発を一緒に楽しんでもらうか

オヤジたちが少年のように話し合っているのです!!
 

山、おもしれぇ!

都会では絶対にできない体験。
 
 

改めて、田舎の面白さ、この地域の魅力を感じたお花見となりました。(桜見てねぇけど。)



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中