公開日:2018.8.6
最終更新日時:2018.8.6

稼いだお金は自分の援護隊。彼らを口座に眠らせておくな!


「稼いだお金は自分の援護隊。」

こういう考え方を持っているでしょうか?

飯を食っていくために必要なもの、というふうにしか思ってないのではないでしょうか?

 

それじゃあ貧乏一直線ですよ。

 

お金ってのは、たとえば1000円なら「1000のパワーでなんでもやるぞ!」というエネルギーを持っているんです。(スピリチュアル的な話ではなくて例え話ね)

 

1000円を持っているということは、1000パワー分の、誰かを喜ばせるエネルギーを持っているということです。

自分に人を喜ばせるようなスキルが無くても、お金があれば喜ばせられるんです。

そういう意味で、お金は自分の援護隊。

 

でも、その1000円を口座に入れっぱなしにしていたらどうでしょう?

そのパワーは眠ったまま。

あなたが必死で集めた大事な援護隊は、口座という牢屋に入れられたまま、活躍の場を与えられない。

 

あなたは「いつか使うから。」「何かあったときのために」と思っているけども、その「いつか」や「何か」はなかなかやってこない。

口座に100万円貯めているのならば、その100万パワーを持つ援護隊を無駄にしてしまっているということです。

 

 

ものすごーくもったいない。

自分の時間と体力を削って得たものを眠らせているわけですから、生活が貧しくなるに決まっています。

 

生活が豊かな人は、自分の援護隊をしっかり働かせています。

援護隊は、何の文句も言わずに、いつでもきっちりフルパワーで働いてくれます。

 

働かせ方は人それぞれ。

そのまま、あるいは物に変えて人にプレゼントしたり

株式市場に送り出してみたり

自分自身の力に変えるために使ったり。

 

私の場合は、

田舎暮らしを満喫(そしてそれを公開)するために使ったり

わくわくする自分のアイデアを形にするために使ったり

仲間と農業をして、食材と農業の魅力を生み出すために使ったりしているわけです。

 

ですが、まだこういうことに気づき始めたばかりなので、まだまだ自分の援護隊をフル活動させてあげられていません。

 

学校ではそういうことを一切教えてくれませんでしたから、自分で学んで考えるしかありません。

 

注意しないといけないのは、援護隊を「自分の欲だけを満たすために」使ってはいけないということです。

自分が人のために何かを成し遂げるために援護するのが援護隊の役割であって、

自分の欲だけを満たすためのお金は最小限にとどめるように考えるのが、結果的に自分の豊かさに一番つながりやすい方法なのではないかと思っています。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中