公開日:2018.8.10
最終更新日時:2018.8.10

日本エコルの太陽熱温水器を導入しました!お湯使い放題。全世帯におすすめしたい。


前から気になっていた「太陽熱温水器」をついに導入しました。

 

太陽熱温水器とは?

簡単に説明すると、ガスや電気を使わず、太陽熱だけでお湯をつくる設備です。

詳しくは過去記事をご参照ください。

 

太陽光発電システムなんて目じゃないですよ。

光を電気にしてまた光にするとか効率悪すぎ。(太陽光発電システム完全否定派)

 

太陽熱で水をお湯にする!超シンプル!

なんて素敵な道具なんだ…!

 

さらにわが家で導入したのは、真空管が使われている最新のタイプで、外気の影響を受けにくい仕組みになっているので、太陽さえ出ていれば冬でもしっかりお湯をつくってくれるのです!

屋根に乗せるのは家の負担になりそうなので、予定では地面に設置するタイプにするつもりだったのですが、

「屋根の上だと瓦からの輻射熱で効率良くなるよ」

ということを教えてもらって、「おー!なるほど!!」とあっさり切り替えちゃいました。

というかそもそも、200kgなんで大人3人分ぐらいだし家にとってはどうってことない、ということに気付いた。

 

どの会社の太陽熱温水器にするかという問題も、広島の会社で移住の大先輩も導入していたことから日本エコルに決定。

 

 

使い心地は?

うちの場合、システムバスの「ふろ自動」を押すと、太陽熱で暖められたお湯がそのまま出てきます。

つまり、今の時期でカンカン照りの日なら60度以上のあっつ熱のお湯が浴槽へと注がれます。

なので、水位を少なく設定して、シャワーで水を足して調整しながら入ります。

 

「こんなに熱々なのに使ったエネルギーは太陽熱だけ…!」

という感動に包まれながらの入浴です。

 

また、水を追加するための「たし水」ボタンを押すと、「10Lの“水”を追加しマス」というアナウンスが流れるにも関わらずやはり熱々のお湯が出てきます。

文明に勝った瞬間です。(意味不明)

 

さらに、ガスを切っていもお湯で洗い物ができるという…。

すげぇ!すげぇよ太陽熱!

これを味わったらもうガスなんて使えない。

 

ロケットストーブつくったし(米も炊いて成功済み)、別にかまどもつくっていよいよガス卒業か…!?

 

まぁそれはさすがにまだないとして、とにかくこの太陽熱温水器はもっと取り入れられるべきと強く思った1日でした。

 

太陽は毎日登るんだぜ?

家で寝ていようが何をしてようが、地球を暖めてくれてるんだぜ?(暑すぎるぐらいに)

 

もっと使おうぜ、太陽。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中