公開日:2018.8.20
最終更新日時:2018.8.20

自転車盗まれた。すぐ見つかった。壊されてた。


お盆に帰省して帰ってきたら、私の愛車(もらいもの)が盗難に遭っておりました。

 

田舎をなめて鍵をしてなかったのが悪かったね。

少しボロっちいけど(もらいもの)誰かのためになったんならまあいいか、ぐらいに思って諦めていました。

 

 

しかしここはさすが田舎。

私の自転車が無くなったというニュースが瞬く間に地域に広がる。

 

一週間もたたずに「あー!あそこに投げられてたよ!」との連絡が入る。

みんな私の自転車がどんなだったか覚えてくれてるのね。

 

そして持ち帰ったマイバイク。

 

やあ久しぶり。

…ん?チェーンの様子が…。

 

マウンテンバイクのパーツをちゃんと把握しているわけではないけれど、おそらく壊されている様子。

 

部品がない?折れている?

とにかく繋がっているはずの場所がどうやっても繋がらない。

 

 

鍵のかかっていない自転車に乗るのは百歩譲っていいとしよう。ありがたく乗りたまえ。

 

 

でもね、壊しちゃいかん。

何があったのかは知らんが、物を壊しちゃいかん。

 

 

譲ってくれた先生!申し訳ない!

壊れる前に壊されてしまった!

 

お金はかかってない自転車だけど、そう簡単には捨てらんないよなぁ。

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中