公開日:2018.9.2
最終更新日時:2018.9.2

来月から始まる家賃無料の「どこでも移住」にちょっと興味あり。


福井県の鯖江(さばえ)市というところへ地方移住された方が発起人となって、2018年10月からスタートする「どこでも移住」がちょっと面白そうだったのでシェア。

 

「どこでも移住」WEBサイト:https://dokodemo-iju.life/

 

「どこでも移住」は2018年10月1日〜2019年3月31日の半年間、日本各地の5市町村を移り変わりながら家賃無料で「暮らし」を体験できる、実験的な体験移住プログラムです。

参加市町村は、徳島県阿波市長崎県壱岐市長野県木曽町沖縄県国頭村福井県鯖江市の5市町村。

 

・半年間、家賃無料。5市町村に、好きなときに訪れ、好きなときに移住し、好きなときに帰ってきていい。

・起業や就農支援はありません。

・もし必要であれば、各地のコーディネーターがハブとなり、空き家探しや人脈づくりをサポートします。

移住は、もっと自由でいい。大事なことは「いつでも去れる」ことです。体験移住、すべてがうまくいくわけではありません。

あ、合わなかった、違ったと思ったとき、安心して、いつでも去ってよいのだと思えるしくみを作りたいと思っています。

 

シンプルでいいですよね!

移住を大げさに考えすぎ、という想いには私も大賛成。

 

「住みたい!」と思えるところを探すきっかけになる取り組みですね。

こういう取り組みに名乗りを上げられる地域は、きっと移住者のことも大事にしてくれることでしょう。

 

ただ、半年間も日本各地の5市町村を移り変わることにできる人っているのか?という疑問はありますが。

移住希望者として週末にその地域を訪問して、二日ぐらい案内してもらったらけっこう雰囲気はわかるような気もするし。

というか、一泊しても雰囲気が全然わからないような地域は、移住アドバイザーから言わせてみればイマイチ。

 

なので、仕事に縛られていない人がいろんな地域を見てみるきっかけにできる、という点がこの取り組みの最大の魅力かな。

正直その対象になる人は少なそう。

 

 

安芸高田市も、こういうものに俊敏に反応するぐらいになればもっとおもしろくなるのになーと思ったり。(半年ごとに市町村は入れ替わるらしく、他市町村からの連絡も受け付けているみたいですよ。)

 

そこで、「即決してもらえるようにおもてなししよう!」と盛り上がる地域でありたいじゃないですか。

 

私たちが初めて安芸高田市に来たときが、まさにそんな感じでしたね!

声をかけていただければ、移住の先輩としてコーディネーターでもなんでもやりまっせ!

 

まあ、私がやらなくても手を挙げる人がわんさかいるのがこの地域なのですが。

 

広島県安芸高田市。どうぞよろしく。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中