公開日:2018.10.21
最終更新日時:2018.10.21

ロケットストーブで室温上がらず?煙突にひと工夫。


だんだん朝が寒くなってきましたね。

 

いよいよわが家の自作パーライトモルタルロケットストーブの出番です。

 

 

以前に行った燃焼実験のときには温度を測っていなかったので、この位置で温度をチェック。

 

点火から10分かからずに100℃を超えて、薪を足してもう10分燃やせば200℃に。

MAXは300℃手前。

 

このメモリからすると、「BURN ZONE」でちょうどいいんでしょう。

 

火の世話をしていると当然暖かいです。

 

部屋はどうかというと、室温自体はほとんど上がっていない…?

 

 

というわけで、頭をひねる。

今は煙突がこんな感じに外までほぼ一直線で、この間しか家の中に熱を放出してくれない。

 

煙突を長くしすぎると、排気に問題が出るのでは?と懸念してこうしていたのですが

外に出ている煙突も触れないほど熱々で、排気に全く問題なさそうだったので、もう少し家の中の煙突を長くしてみることに。

 

で、3mのスパイラルダクトを買ってきて、スタート地点でこんな風に追加。

 

 

さらにこの部分をベンチにして、蓄熱してやろうと考え中。

これでストーブの熱をより多く家の中で利用できるはず。

 

 

あったかベンチ…こりゃあいい。

 

ベンチ、作らなきゃ。

 

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中