公開日:2018.11.22
最終更新日時:2018.11.22

「豆炭あんか」が気になる。


豆炭あんかって知ってる?

最近知ったんですけど、すげえなこれ。

 

以前に書いた、炭って暖房としてどうなの?って記事の中で触れた、練炭の燃焼時間は14時間。

 

これでもすごいのですが、豆炭あんかはなんと20時間。

1日中暖かさが持続…なんという高パフォーマンス…!

 

仕組みは簡単で、豆炭ひとつを岩綿(ロックウール)で挟み込むというもの。

 

これによって絶妙なスピードとパワーで燃焼し続けるらしい。

豆炭ひとつは約6円ほどだし。

 

 

ただね、よく考えると使いどきがそんなにないんだよね。

朝の冷えを耐える暖房としては不十分だし、布団の中を暖めるには強すぎる。それなら湯たんぽで十分。6円もいらないし。

 

複数入れてこたつにして暖まるってやり方もあるにはあるけれど、それならロケットストーブベンチでいいかな?

 

20時間もつとなると、せめて10時間ぐらいは使わないともったいない、という気もしてくる。

そんな長時間家でじっとしてることなんてほとんどないし。

うーん、長持ちするってのも考えものだな。

 

 

でもやっぱり気になる、豆炭あんか。

 

 

 

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中