公開日:2018.12.9
最終更新日時:2018.12.9

週末農業体験(貸し農園)のサービス内容と費用相場まとめ


農業をするなら、やはり挑戦してみたいのが農業体験のお手伝い。

農作物だけではなくて、作業そのものも楽しんでもらえるのならこんなありがたいことはない。

 

体験したい人にとっても、好きなときに手ぶらで行けて、教えてもらいながら作業できるのはうれしいですよね。

 

ってことで、どのぐらいの費用でどんなサービスが行われているのかまとめてみました。

 

 

収穫体験

収穫のみを体験できるもの。

時間は1時間ほどで、費用は1,000円未満というところが多いです。

 

農業体験というよりは単純にアクティビティですね。

土をさわる、虫を捕まえるなど、ささいだけど都会では意外と体験できないので、休日のリフレッシュにはいいかもしれません。

大人でも「この野菜ってこんなふうになってるんだ!」という発見を得られるかも。

 

 

収穫体験+料理・食事付き

収穫したのなら新鮮なうちに料理して食べちゃおうよ!というプラン。

2時間~3時間ぐらいで、食事の内容によって費用はさまざまですが、1,500~4,000円ぐらい。

 

新鮮な野菜のおいしさを味わえるプランです。

せっかく収穫したんだからその場で調理して食べてみたいですよね。

 

 

貸し農園

アドバイザーに教えてもらいながら、自分専用の農地で好きな野菜を育てられるサービスです。

主に民間で運営されているものと、市で運営されているものがあります。

 

 

民営の貸し農園

1区画が15㎡前後で、費用は都市近郊では月額5,000円、少し都市から離れると月額4,000円あたりが多いです。

農地代とは別に、運営費として年間10,000円(初年度)ほど必要なところもあります。

 

費用はかなり高めですが、農園を貸す以外に特典として

  • 季節ごとの特別な体験イベントへの招待
  • 農に関する情報誌の提供
  • 貸し農園利用者同士のコミュニティサイトへの参加

など、民営ならではの手厚いサービスが受けられるのが特徴です。

 

 

市営の貸し農園

市営だと費用はぐっと下がって、年間で3,000~5,000円ぐらい。

その代わりに、アドバイザーがついて教えてくれたり、イベントが企画されたりするところはほとんどありません。

育てる野菜も決まったものしかできないところが多いようです。

 

種類にこだわりはなく、とにかく農業を自分の力でやってみたいんだ、という人には向いているかもしれません。

 

 

ブチファームでも、落花生の収穫体験から始めようかと思案中。

落花生を収穫して、その場で茹でて食べられるところなんて他にないでしょ。

 

こうご期待。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中