公開日:2018.12.16
最終更新日時:2018.12.16

ひと月遅れのビーツ栽培。追肥と土寄せは本当に必要?


ビーツ栽培、植かえてからはほとんど手をかけることなく、2か月がたちました。

適正時期に植えていれば、今(播種から2か月後)が収穫のタイミング。

 

さて、成長具合はというと…

 

 

 

 

 

デカい!

 

畑に植えるときに肥料を混ぜて、液肥をほんのちょっとあげただけであとは完全に放置。

ビニールをかけているので水も一切やってません。土壌内の水分だけです。

やっぱり植物ってすごいね。それでこれだけ大きくなるんだから。

 

で、ここからが勝負。

葉っぱは順調に成長しましたが、根元はまだ太っていないみたい。

 

ネットでは「ここから大きくなるために追肥をしてあげなくちゃいけない」「土寄せしないといけない」と言われているのですが、あえてこのまま放置をつらぬいてみようかと思っています。

肥料もタダじゃないからね。商売のために「追肥が必要!」と言っているだけの場合もありうるし。

 

というか、人間が追肥しなくちゃ成長が止まるなんておかしいと言えばおかしいもんね。屁理屈かな?

 

まぁもともと実験としてのビーツ栽培なので、これでちゃんとできたらラッキーってことで。

1月半ばぐらいまで放置してから、抜いてみて判断したいと思います。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中