公開日:2019.3.3
最終更新日時:2019.3.3

市の職員さんとお話して、ちょっと反省した件


役所の対応についての批判記事を連投したことを気にしてくださった市の職員さんが、なんとお家まで来てくださいました…!

もろもろの改善については話し合いが以前からされているのでご理解ください、ということわざわざ言いに来てくださったのです。

愛想をつかさないでくださいね。と!
 

…申し訳ありませんでした…!!

そんなつもりはなかったのですが…!
 

これは私にとっては叱られるよりも残る言葉で、

「市の批判をすることは、大小あれどそのイメージを悪くするかもしれないんだ」

という意識を持ちながら記事を書かないと思わぬ結果に繋がる可能性があることを教えていただきました。
 

ほんと、なんて大人なんだ!と思いました…。

こんな職員さんが他にいるでしょうか!?

 

…が、ここで簡単にシュンとならないのが一家だんらんなのです。(内心ハラハラ)

市のイメージを気にして、月並みなことばかり書くような“ただの中の人”になっては意味がない。

いつまでも移住者です!と名乗っていてもいけないなとは思いますが、外からの目という部分はずっと忘れずに持ち続けて、言うときは思いっきり言うのです。

実際にその地域に住んで、活性化のために活動した上での批判なのです。
 

「それはわかるけど、文章だけを見た人はそこまで読み取れないでしょ。」

と言われてしまうとおっしゃる通りなのですが。
 

その原因は私の文章を書く技術が足りないことなのかもしれないからそこは頑張ります!

とりあえずこれは強調しておきます!

安芸高田市、いいとこです。マジで。

全力でおすすめします。

愛想を尽かすなんてとんでもない!
 

強いて言うなら、見渡す限りソーラーパネル!ってことになってきたらさすがに出ていくかも。(脅迫)

 

あ、ちなみに3月で移住して丸2年になりました。

今後ともよろしくお願い致します!



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中