公開日:2019.5.28
最終更新日時:2019.5.28

セントラル浄水器(全館浄水器)の価格・メンテナンスを比較!おすすめはこれだ!


セントラル浄水器とは?

水道メーター直後に取付ける浄水器のことで、全館浄水器、 元付型浄水器とも呼ばれます。

入り口部分で浄化するわけですから、家中の蛇口やシャワーから浄水が得られます。

蛇口から出る水でも気にせずガブガブ飲めちゃいます。

重たい水をいちいち買わなくていい。ゴミも出ません。

 

一番のメリット、普通の浄水器を導入することとの違いと言えば、お風呂も浄水になるという点でしょう。塩素に敏感な方にはおすすめです。

 

ちなみに私の皮膚では全く違いがわかりません!(爆)

水道管や塩素の安全性を疑うのが面倒なので、これで解決しちゃえばいいんです。

 

 

セントラル浄水器の価格・メンテナンスについて比較!

セントラル浄水器は、ざっと調べただけでも10種類近くあり、細かく見ているとなかなか決められないかもしれません。

当記事では「メンテナンスサービス付き」という条件を満たす5種類に絞って比較します。

 

※浄水性能については、どれも残留塩素除去などの必要な基準は満たしているとして、比較対象から外しています。

 

はっきり言って、メンテナンスサービスが付いていないセントラル浄水器は悪徳商売に近いです。

月額レンタルではなく、購入でしか提供していない会社のものはほとんどそれでした。

カートリッジの交換が必須の商品なのに、数十万円のものを売りっぱなしで顧客にチェックして取り替えさせるいうのは、明らかにサービスとして不十分です。

 

というわけで早速比較した結果をご覧ください。

 

イーテックが販売しているピュアセントラルのみ、購入タイプでメンテナンスサービス付きでした。

購入タイプとレンタルタイプの価格比較をするため、10年間の費用合計を見てみましょう。

 

下2つ、「ピュアセントラル」「suiro」は候補から外せそうです。

前者は購入タイプにも関わらず10年たってもレンタルタイプより安くならない。(メンテナンスオプションを利用した場合)

10年も経てばよりコスパの良い商品が出ている可能性は十分ありますから、これは大きなデメリットと言えます。

 

後者ははっきり言って論外です。

高額な割にアフターフォローがイマイチ。解約時にも撤去費用が必要なのも気になります。

 

 

価格面で比較すると、「ReFINE」「おみずのたび」がほぼ同等。

 

「ReFINE」はカートリッジは回数無制限で無料交換可能ではありますが、自分で依頼して自分で交換作業をしなくてはいけないという弱点があります。

もともとまめな人には向いているかもしれませんが、なかなかそこまで気が回らない人にとってはその作業がおっくうになってくるかもしれません。

 

「おみずのたび」は唯一、カートリッジ交換が2年に一回という点が気になります。

たいていのセントラル浄水器が1年に一回なのに、これだけ半分で良い根拠が見当たりません。この分で費用が抑えられているだけなのかもしれません。

 

 

では最後に「アクアス5」

価格はここでは中といったところ。

ここがどこよりも優れているのがアフターサービスです。

カートリッジ交換はプロが勝手に来てくれて、点検修理もいっしょにやってくれます。

安心感が違う。高い買い物ですから、やはりこのぐらいはやってほしいものです。

 

そのほか定期情報誌が送られてきたり、使用済ろ材(活性炭)をもらって除湿剤、消臭剤として使うことができたりと、使用している間もなにかとお楽しみがあります。

水の違いがわからない男である私にとってはそこがメリットに感じられました。

 

 

 

おすすめはこれだ!

お察しの通り、個人的なおすすめはアクアス総研の「アクアス5」です。

一番重要な、水に関するレビューはできません。違いのわからない男ですから。

もうすぐ1年たつので、使用済ろ材(活性炭)をもらえるのが楽しみです。

 

 

各社ホームページ

「アクアス5」:https://www.aquas5.com/

「ReFINE」:http://www.refine-h2.com/

「おみずのたび」:https://www.nihon-clio.co.jp/

「ピュアセントラル」:https://www.etec.jp/

「suiro」:http://www.suiro.jp/

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中