公開日:2019.7.26
最終更新日時:2019.7.26

「自分がいつ死ぬか」を決めておけば人生楽勝


これ、意外と誰も言ってないけど、「自分がいつ死ぬかを決める」のは超おすすめ。

 

「じゃあ80歳!」とかだと意味がない。

近ければ近いほどいい。

 

たとえば、5年後。5年後に自分は絶対死ぬ。ことにする。

短いと思う人が多いかもしれないけど、考えてみて。

5年間死なないことが保証されている人なんていない。「5年は生きられる」と決まっているなんて贅沢だ。

 

じゃあこの5年で自分は何をするべきなのかを考える。

「死ぬまでにはしてみたいな」は、もうやり始めないといけなくなる。

買ってみたいものがある?

行ってみたいところがある?

会いたかった人がいる?

少なくとも、貯金することではないはずだ。

 

5年以内にすべてやる。

するとどうだろう。その5年間は充実するに違いない。

老後の心配どころか、6年先の心配もする必要はないのだから。

 

さぁ、じゃあ”幸運にも”5年が過ぎても生きていたとしよう。

もうやり残したことはないか?

もしあるなら”特別に”人生を1年延長してみよう。

またその期間に全部やり切る。今度はもっと悩む暇なんてない。それもまた充実した1年になること間違いなしだ。

 

 

それを続けて、やりたいことがなくなったらどうしよう。

そうなればもう勝ちだ。いつ死んでもいい。自分の人生に大満足。

怖いものなんて何もない。

 

あとの”余り”は人のために過ごしてみるといいかもしれない。

そんな人ばっかりになれば世の中もっとおもしろくなる。

 

名付けて「自分余命」

さぁ、あなたはいつ死にますか?

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中