公開日:2019.11.16
最終更新日時:2019.11.16

歯周病は歯医者でしか治療できないのか?


いきなり医療的な話。
 
この間歯医者へ行って検診をしてもらったときに、顕微鏡検査ってのをやってもらったんです。
 
口の中に悪い菌がいないかチェックするというやつ。
 
 
で、「歯周病の原因になる菌がいるので今のうちにやっつけておいたほうがいいですよ」って言われたんです。
「今は若くて免疫力が高いからひどくなっていないけど、時間の問題ですよ」と。
 
で、勧められたのが3DSっていう治療法。
 
 
3DS治療とは?
 
抗菌剤と殺菌消毒薬を専用のマウスピースに注入して口に装着し、むし歯(MS菌)や歯周病菌に直接作用させることで除菌効果を高め悪性度の高いプラーク(歯垢)の定着を抑える治療法です。
 
むし歯や歯周病は『細菌による感染症』であり、歯ブラシをするだけでは効果としては限界があります。実際、きちんと歯を磨いているのに、虫歯や歯周病を繰り返す人もたくさんいます。そんな方に3DS療法による除菌は大変効果的なのです。
 
 
結構新しい治療法らしくて、全国の歯医者さんで行われているみたいです。
 
 
で、これが保険適用外で5万~10万ぐらいするんです。
 
 
歯周病が進んでいるわけでもないのにそんなことしないといけないの!?
 
と疑問に思って、3DSのほかにはどんな治療方法があるのか歯医者に聞いてみると、「丁寧な歯磨き」だって。でも歯磨きでは菌はやっつけられないから完治はしないんだとか。
 
何その2択…
 
 
 
なんか不信感が出てきて、今に至るわけです。
 
 
 
で、いろいろ調べてみた結果。
 
3DSは確かに効果的ではあるけど、100%菌をやっつけられる保証はないみたいです。
 
歯周ポケットが深いとどうしても奥の菌までやっつけられないから。
 
 
 
じゃあ何万円も払ってやるほどの価値なくね?
 
どうせ全部やっつけられないなら、費用を抑えて除菌する別の方法があるはずだって思ったんです。
 
というかそもそも私は菌がいただけで歯周病ではないし。
 
さらに増す不信感。
 
 
 
で、さらに調べてたどり着いたのが
 
「殺菌水」で口をゆすいで菌をやっつけるというやり方。それを推奨している歯医者さんも実際にあるみたい。
 
 
しかし「殺菌水」ってのがこれまたやっかいで。
 
「これがいい」「これは危険だ」「これは効果がない」とかまぁ情報が錯そうしているわけですよ。
 
虫歯や口臭にも効く万能なものなので、いろんな業者が飛びついているんでしょう。まぁ仕方ない。
 
 
 
どの殺菌水で、どういうふうに使ったらいいのかって話は長くなるので次回。


一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中