公開日:2020.6.28
最終更新日時:2020.6.28

ラジエーター×ロケットストーブで床暖房パネルを稼働させる


これからまだまだ暑くなる季節ですが、暖房のお話です。

 

手に入れました。ラジエーター。

こちらはバイク用のラジエーターらしい。ヤフオクで1,000円ちょっとでゲット。

 

こいつをストーブにくっつけて、中に水を循環させれば常にお湯が巡るので、簡単に床暖房が出来上がる(予定)。

 

どうやって循環させるか悩みぬいた末、バスポンプを使えば良いことを思い付く。

風呂の残り湯を洗濯機に移すためのやつ。

小型の水中ポンプをネットで探してみたのですが、中国製だらけでレビューもイマイチ信用できなかった。

これならホームセンターで簡単に手に入るし、安心の日本製。1,000円台で買えてお手頃。文句なしです。

久しぶりに実店舗で買い物する良さを味わいました。

 

 

ついでにホースも品定め。

 

意外と種類も豊富で、切り売りで無駄なく買えるのでやはりこれも実店舗が◎。

 

特殊な太さのホースのジョイントはさすがにホームセンターには置いていなかったのでネットで購入。

created by Rinker
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥588 (2020/12/03 04:03:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

これで役者はそろった。レンガが届き次第、組立予定。

さぁ、うまくいくだろうか。

問題はポンプとホースの耐熱温度。やってみなくちゃわからない。

 

 

これがうまくいけば画期的!ラジエーターとバスポンプで床暖房とかやってる人絶対いないし。

来月には試運転させたい。暑いけど。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中