公開日:2020.12.6
最終更新日時:2020.12.6

「これにはお金をかけるべき」というものについて


とにかく物欲がないので、余分なお金はほとんど使わずに生活しているのですが

「これにはお金をしっかりかけるべき」というものを強いて挙げるなら何かな、と考えてみました。

 

 

 

 

結論から言うと、ないです。(爆)

 

正確に言うと、特定のものはない。

 

基本的に日本ではお金をがなくても解決できることがほとんどなので、万人に共通して「かけるべき」なんてものはないです。

一般的には服だとか教育だとか食べ物だとか言われますが、これを着ると不幸になる、なんて服はないし、良い大学に行かないと貧しい将来になるということもない。

食べ物だって、お金をかければ健康でいられるなんてことは全くない。

 

 

まぁこれで終わってしまっては記事として全く意味が無いので、抽象的でも「お金をかけるべきもの」について言語化すると

 

「楽しいかつ、将来の足かせにならない(理想はプラスになる)もの」

にお金をしっかりかけるべきなのではないかと思います。

 

楽しい、だけじゃいけないのが大事なところで

お金の役割は何のかという根本を考えると、自分が幸せに生きていくために使う手段なわけですが

じゃあギャンブルがめちゃくちゃ楽しいのでお金をかけるべきなのかというと、後々依存症というかたちで足かせになる可能性があるのでそうはならない。

でっかいマイホームを持つのがずっと夢で、それを叶えられるならお金が数千万円かかってもいいと思う人もいるかもしれませんが、35年先までローンを払い続けないといけなくなることを考えると、それも一概にお金をかけるべきとは言えない。

 

そんなことを考えていると、お金をかけるべきものなんて本当になくて、「これだ!」と思えるものに出会うまでは使わずに貯めておくというのが正解なのではないかと思うのです。

 

 

強いて挙げるならと冒頭に言ったので、お金をかけるべきわかりやすいパターンをひとつを挙げておくと

YouTuberが、「発信するのが楽しいし、収入もどんどん増えてきそうなのでもっと設備を充実させるぞ!」と、高性能なPCやなんやらに大金を使うような場合。

平たく言えば、投資ってことですね。楽しい投資。

 

 

見付けるのはすごく難しいと思います。学校では絶対に習わないので。あと、どうしても「楽しい」が先走って見切り発車しがち。難しい。

 

 

要するに、見つけるまでは大人しくお金を貯めておこうという持論でした。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中