公開日:2021.8.2
最終更新日時:2021.8.2

私がワクチンを打たないワケ


そろそろこの話題にも触れておく。

 

私は今のところワクチンは打たないつもり。

 

理由はいくつかあって、まずひとつめは国を信用していないから。

国が大丈夫、安全と言っていたけど実はそうじゃなかったことなんて山ほどある。

 

特に今回は大急ぎで準備したことなので、いつもより安全じゃない可能性が高いと思っている。

 

基礎疾患があったり高齢だったりして感染したら死ぬ可能性が比較的高い(かつ死にたくない理由がある)人は勝手に打てばいいと思うけど、幸い私はそれに当てはまらないのでわざわざ信用できないワクチンに頼る必要がない。

 

 

ふたつめは、人と同じことをしたくないから。

これは私の厄介な性分で、昔から「みんなでしましょーね。」と言われると是が非でもやりたくなくなってしまう。

 

流行りものは普段からあえて避ける。

ワクチン接種なんてその最たるもので、世界中の人が打ちたがっているとなればそれを避けない選択肢はない。

 

 

そして3つめ。効くと思わないから。

証拠はないけど考えればわかる。

 

風邪の一種なのだとしたら、それ用のワクチンを打って抗体をつくったところで菌も形を変えて生き延びようとするはず。

そうでなければインフルエンザなんてとっくの昔に無くなっているでしょう。

 

新たになんとか株が流行りだしたとか言っているのも、ワクチン打った人の中で生まれたんじゃないのかな。勉強していなくたってそのぐらいの想像はできる。

ワクチン3回目、とか言い出しているのでいよいよ怪しい。

 

科学とか医学とかに頼りすぎでみんな考える力を失ってきているのだと思う。

科学的、医学的に証明されているかどうかなんておまけみたいなもので、体調が悪くなったらきちんと休んで治すことだけ考えればいいのに、人間だけは経済を回し続けないと死んじゃうビョーキなのでワクチンなんてものに頼らなくてはいけないらしい。

 

ちゃんと考えればそのビョーキも治るのに。

 

そもそも「証明されている」と言われたところで素人にはわからないから結局自分の感覚を頼るしかない。

 

 

そして4つめ。これが1番大きな理由で、単純にめんどくさい。

楽しいことならまだしも、安全性かどうかもよくわからないものを痛い思いをして体内に注入しに行くために時間を割く気になれない。

国によってはいろんな特典をつけたりしているらしいけど。(もし日本でそうなったら余計に打ちたくなくなるのが私の性分)

 

 

ちなみに他人が打つか打たないかには全く興味がない。
親でさえ打とうが打たまいがお好きにどうぞというスタンス。

 

1番愚かなのは、他人の決断にあーだこーだ意見を言って時間と精神力を無駄にすること…。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中