公開日:2021.11.6
最終更新日時:2021.11.6

空き家は他人が勝手に住んでもいいことにすれば問題解決。


空き家問題として挙げられる、

 

持ち主が使わないのに(いつか使う”つもり”で)手放さない

忙しくて放置している

そもそもどうすればいいのかわからない

持ち主が複数いて手続きが煩雑

持ち主不明

 

といったことを一発で解決する方法。

 

 

空き家には許可なしで(家賃無しで)誰が住んでも良い!

 

ということにすればいいのでは。

 

だって怒ってくる人がいないじゃないですか。

放置されているのだから。

 

唯一、持ち主が手放そうとしないパターンでは怒ってくる可能性がありますが、2年空けば他人が住んでも良い決まりをつくってそれを封じる。

そして、住み始めた人は最低2年は住める権利を得る、とかにすればかなりの数の空き家が活かされるようになるはず。

 

そのぐらいやらないと、せっかくの日本の住まいという資産がどんどん無駄になる。持ち主の横着のせいで。

何年も放ったらかしにしながらよくもまぁ自分の家だなんて言えますよね。

 

 

この方法をとれば、他人に住まれないようにちゃんと管理して需要に見合った金額で売るなり貸すなりするようになるでしょう。

 

などという、100%実現不可能な制度を妄想してみたのでした。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中