公開日:2022.2.7
最終更新日時:2022.2.7

男女平等は人類にとって悪だと思う


未だに「男は働きに出て女は家を守るべし」という思想の持ち主です。

 

どれだけ社会が変わろうと、動物のオスとメスは根本的に違うというのはやはり変わらないわけで。というか、変えるべきではない。

それを無理に変えようとしているのが現代社会、という印象です。

 

今ある社会問題の結構な割合がこの「男女平等主義」から来ていると思うのは私だけでしょうか?

少子化なんてまさにそれ。

 

女性だって男性と同じように社会進出できるべき!と言い出した結果、家庭を築くよりも仕事をして稼いで経済的に自立することを尊重するようになってしまいました。

その証拠に、親の多くがわが子を何の悪気もなく赤の他人に預けて仕事に行く。

 

そんなに男女平等が大切ですかね?

 

女が働いて男が家事をするのもアリ、みたいな風潮もありますがこれもやっぱり違うと思うのです。

男性がいくら頑張っても母と子の関係は築けないですから。それを無視している時点でどこかに歪みが出てくるのは避けられないでしょう。

 

すると決まって「じゃあ子どもを産まない女性はどうなるの?」という議論になるのですが、そもそも女性がそういう考えや体質に至ること自体が社会の歪みが生み出したものなのではないでしょうか。

その歪みを直してから議論するのが正しい順序でしょう。

 

 

男女平等って誰が言い出したことなんでしょうね。

 

「女にも働かせて労働者を2倍にすれば、税収を2倍にできるぞ」

という思惑から始まった動きなのだという説をとなえる人もいるようで…。

 

人類の発展=経済成長だと考えている一部の人間が、人類を誤った方向へ導いてしまっているのでは。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中