公開日:2022.5.12
最終更新日時:2022.5.12

年金だけで暮らしていけないという頭の悪い老人にはなりたくない


「年金だけでは暮らしていけない」というのがもはや世の中の常識のようになりつつあります。

みなさんの周りにもたくさんいると思います。年金だけでは足りないからと、安い時給で働いている老人たちが。

 

そもそも年金の支給額がいくらぐらいあるかと言うと、夫婦どちらかが厚生年金に加入していたとすると、月に20万円ぐらいだそうです。

 

…暮らしていけますよね?

 

年金以外にも貯金や家などの資産、知識がある程度蓄えとしてあるはずですから、月10万円ぐらいでも暮らしていけるぐらいの状態になっていてもおかしくはないはずです。

 

それなのになぜ年金だけで暮らしていけないことになるかと言うと、ぼーっと生きてきたからでしょう。

 

年金がいくらもらえるかなんて何年も前から分かっているわけですから、それに備えて生活水準を切り替えたり知識や経験を活かした仕事を探せばよかったのですが、そんなことは考えずに老人になってしまったのでろくな蓄えもなく、やりたくもない仕事を最低賃金でやる羽目になるのです。

何十年も生きてきて、最後に最低賃金しか払う価値のない一労働力にはなりたくないですね。

そういう人たちがたくさんいるおかげで成り立つ社会もどうかと思いますが。

 

お金は別にいらないけど楽しいから、ボケ防止のために、社会貢献として、という理由であれば素晴らしいと思いますけどね。(まぁそれなら無償でやれよ、とも思いますが。)

 

まぁ私たちの世代では10万円すらもらえない可能性大ですけどね…。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中