公開日:2022.5.21
最終更新日時:2022.5.21

税金は「罰金」なので払わないで済む方法を考えよ


税金というのは一部を除いて、その対象になる行為を抑制するためにかけるのがあるべき姿。つまり、税金は罰金に近い存在だということです。

並べるとわかりやすい。

 

酒タバコはもちろん、車も家も持たないのがベスト。罰金をたっぷり取られるから。

消費税があるということは、消費もなるべく抑えるのが良いということです。欲に任せて消費をしているとじゃんじゃん罰金を払うことになります。税率も上がる一方ですし。

 

そして究極は所得税。働きすぎも良くないのです。額が増えるほど率が上がるなんて、これほどわかりやすい罰はないですね。

この税金という名の罰金システムに気付かず、もしくは気付いてもやめられずに対象行為をやり続けて貧しくなっていく人が大勢いますね。

 

「なんで消費すると罰金なの!?」

「なんで稼ぐと罰金なの!?」

「働かない人が賞金ばっかりもらっている!」

「今の税金の制度はおかしい!」

と怒るのは間違っているのです。ルールにうまく乗ることを考えるべきなのです。

 

消費税が上がるのが嫌なら消費を減らせばいいだけ。

交通ルールを守るのと同じことだと思うのですが。罰金を払ってでも違反し続けたいのでしょうか。

 

私にはその感覚がわからない。

 

大勢が罰金を払ってくれているおかげで、ルールに則って慎ましく暮らす私たちが気楽な日々を送れるのかもしれませんね…。うまくできた仕組みだこと。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中