公開日:2022.7.8
最終更新日時:2022.7.8

今さら高校で「金融」の授業が開始するらしい


やっぱり公共教育って時代遅れ。

 

「お金ってあんまり重要じゃないよね」という考えが生まれ始めているこの時代にやっと教育スタート。

今さら貯金とか投資とか学んで何になるのか。全く役に立たないファイナンシャルプランナーの資格でも取らせるつもりだろうか。

 

どうせやるなら税務知識(節税知識)をひたすら教えるとかじゃないとぜんぜん意味がないと思う。

恐らく国としては「素人投資家をたくさん生み出して金融市場に流れるお金を増やしたい」という目論見があるのだろう。

 

もし本当に正しい金融知識を学校で教えたら「保険と投資は不要」という事実に気付いてしまうだけなので、中途半端な教育内容であることは目に見えている。

 

まぁその金融教育を誰が行うのかを考えれば誰でも「学校で金融教育は無駄」ということがわかると思う。

 

文科省ってほんと何してんだろうね。子どもかわいそう。

親がしっかりしていないと、子どもの時間がどんどん無駄にされていく日本の教育です。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中