アンラーン(学習棄却)の具体的なやり方について


アンラーンという言葉を知りました。

簡単に説明すると、今まで学んできたことを一度リセットしてみることで、新たな学びを得られるのではないか、という試みのこと。

長寿命&変化の激しい社会になった今、「今までこれでうまくいっていたから」が通用しなくなってきたため生まれた概念なのでしょう。

特に固定概念ができつつある40代以上の人に注目されているようです。

 

では具体的にどういう行動をすればよいのでしょうか。

 

例えば…

 

長年ルーティンになっていることを辞めてみる

 

自分の中で結論が出ている(学び終わっている)と思っていることについてもう一度学んでみる

 

などが挙げられます。

 

起床・就寝時間を変えてみる

普段選ばない服を買ってみる

普段食べないものを食べてみる

よく知っている(と思っている)分野の本を読んでみる

 

という感じでしょうか。

 

 

私なら何をするか…

基本的に無駄なことはやらない主義なので、無駄だと思われることをやるということになる?

夜更かしとか散財とか?違うか。

保険や投資について学び直す、というのは当てはまるかも。

 

 

考えてみて思ったのが、アンラーン、めちゃくちゃ難しい。

 

自分には必要なさそうだと思うことをやるのだから。

やってみたところで何かを絶対得られるという確証がないのが辛い。

 

よっぽど日々の暮らしに飽き飽きしていない限りはやらないかなー。まだ33歳だし。

 

棄却するほどまだ学んでない。

というか、わざわざ棄却しなくても数年ごとに転職してアンラーンできてるのかもしれない。

 

 

今のところは、そういう考え方もあるんだよーってことだけ覚えておこう。


教育