公開日:2018.1.25
最終更新日時:2018.1.25

地方移住は、自治体を顧客にしたビジネスだ


移住してからもうすぐ1年。

たくさんの方と出会っていろんな体験をして過ごす中で、改めて感じたこと。
 

移住って立派なビジネスだ!

 
 

自治体がお客さん

私たちは、

20代で、農業に関心があって

田舎暮らしを苦に思わなくて(むしろ希望している)

古民家を買って改修して住みたい

というスキルを活かして、

 
いわゆる「田舎」に分類される自治体の、

「若者を増やしたい」

「新規就農をすすめたい」

「空き家を活用したい」

というニーズに移住という方法で応えている。

というイメージ。

 

自分たちの得意とすることを活かして他社の要望をかなえる。

まさにビジネス!
 
 

報酬もきちんとある

このビジネスによって、実際に

市からの補助金

市からの取材・発信

ご近所さんからの米・野菜のおすそ分け

などの報酬を受け取っているのです。

これは普通の引っ越しでは絶対に手に入りません。

 
自治体に取材していただけるなんてそうそうない!

どんどん便利になっていく世の中で、不便(と一般的に言われているよう)な土地に移り住むというリスクをとった結果です。
 
 

若者はビジネス移住せよ!

多くの人はできないけれど、自分には簡単にできてしまうこと。

これが地方移住だった私たちは非常にラッキー!

リスクをリスクと思っていませんでしたから。

もちろん今も。

 

意見さえ一致すれば、地方移住は夫婦でできる最高のビジネス!

若い人は特に、今の自分のままでどこかの自治体のニーズに応えられる可能性を秘めているんですよ。



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中