公開日:2022.11.15
最終更新日時:2022.11.15

インパクトドライバーは14.4Vか18Vどちらを買うべきか


初めての充電式電動工具を買うときに必ず考えるのが、14.4Vと18V、どちらのバッテリーに対応したものにするべきかという問題。

 

特にインパクトドライバーには抗争?があるようで、簡単には決められないでいます。

職場の人たちからは「18Vのほうがいいよー。」と勧められているのですが、ネット情報では「18Vはパワー過剰。」という声が結構ある。

 

それぞれの特徴を簡単に書くと

値段が安くパワーがそれなりの14.4V。

値段が高くてパワーが強い18V。

14.4Vは普通のネジ締めなら余裕でこなすが、稀にある強いネジ締め、穴あけは困難。(そもそも他の工具を使う場面?)

18Vはパワーが強すぎて使いにくいという声もあるが、こなせる仕事の幅が広く、フルパワーを出さずにネジ締めするためバッテリー持ちが良い。

という感じ。

そして現在の商品開発は18Vが主流。

 

この情報から判断するのなら私は14.4V派。

18Vでしか出せないような強い力は、先端に取り付けるビットの強度が追いつかないのであっても意味が無いという主張があってすごく納得。

というか18Vが開発される前まではみんな14.4Vで仕事してたんだから絶対問題ないと思う。メーカーにいいようにされてるだけじゃないか?

さらに言うと、今は36Vの電動工具がどんどん開発されていて、これからは「18Vより36Vっしょ。」なんて言い出す人が増えてくると思われます。そこまで来ればもうコード式使えよって思うのは私だけ?

 

ちなみにPanasonicの最新工具は14.4Vと18Vどちらのバッテリーでも動かせるようになっているので超有能。

先輩からお下がりがもらえなければやっぱりPanasonicかなー。

 

以上!

 



一家だんらんにいいね!

最新記事がタイムラインに!

Twitterでも発信中